当ホームーページからの新規ご契約で日本一の和牛に輝いた霜降り長崎和牛・豪華プレゼント中

お問い合わせ

LPガスで困ったらご連絡ください!詳しくはコチラ!

TEL : 0957-74-2020

FAX : 0957-74-2021

 

営業時間

9:00 ~ 18:00(月〜金)

 

※緊急時対応【24時間受付中】

 

アジア新聞メルマガ登録

亜細亜商店のメールマガジン

「アジア新聞メルマガ」

ご登録はコチラ

↓↓↓↓↓

【アジア新聞メルマガ】

※メルマガのご登録は亜細亜商店のお客様限定とさせて頂いております。

亜細亜商店の徒然ブログ
あらゆる場所に自由に施工可能!自由設計床暖房!くわしくはコチラ
亜細亜商店ユーチューブ公式チャンネル
ガス乾燥機
沸騰時自動消火機能・Siセンサーコンロ・亜細亜商店・LPガス(プロパンガス

雲仙市のオススメ

じゃがいもを1年間常温保存可能な技術:(株)マルニ

住まいの情報

引越しで損をしないための7つの秘訣、無料プレゼント中

全国の頼れるガス屋さん

広めよう!まじめなガス屋さん

わくわくガス屋さん

その他オススメ・リンク

太陽光発電システムの基本

「発電した電気を全部売れるの?」

残念ながら現在、家庭用太陽光発電システムで発電した電気を全て売ることは出来ません。

 

住宅用の太陽光発電システムの場合、あくまで

自宅で使って余った分の電気を売ることが出来る」という事になっています(ここポイントです!)。

 

 

「え〜!発電した分、全部買い取ってよ〜」

 

そんなあなたの声が今にも聞こえてきそうですが、これには訳があるのです。

 

 

分かりやすくご説明しましょう。

 

 

東日本大震災を機に、日本ではエネルギー問題が深刻化してきています。

そこで国としては、クリーンなエネルギーである太陽光発電などの「再生可能エネルギー」を早期に普及させ、原発依存からの脱却を図りたい、という大きな目的ができました。

 

とはいえ、太陽光発電システムはまだまだ割高です。

 

割高な太陽光発電システムを普及させるには、買う側にとって何かしらメリットが必要です。

「買っても損する」経済合理性のないモノは誰も欲しいと思いませんよね。

 

そこで国は、補助金など公的資金を投入することで購入のハードルを下げ、普及の促進をしているわけです。

 

つまり、国や自治体が太陽光発電システムに対して補助金を出す目的は「再生可能エネルギーを普及させる」という事であって、

売電により収入が得られる」のは、太陽光発電の普及を促進するための、一種の「呼び水」であるという事です。

 

CMなどで「売電収入で副業!!」と煽っている企業もありますが、国は「副業=売電収入」を薦めてはいるわけではないのです。

 

 

 

太陽光発電システムを導入して、本当に「得」するのは・・・?

 

とはいえ使用する電気代の、ほぼ倍額で売れるというメリットは、本当に大きいものですよね。

 

「可能なかぎりたくさん電気を売って、売電収入を増やしたい!」

 

少なくとも私はそう思います。収入はないよりあるに越したことはありません。

しかも太陽光発電の場合、ただ太陽光パネルを自宅の屋根にのせるだけで、自動的に売電できるのですからこれほど楽なことはありません。

 

そして、より多くの売電を行うためには、使用する電気を少なくする必要があります。

なぜなら、

 

「太陽光で作った電気」−「使った電気」=「売れる電気」

 

 

お気づきでしょうか?

 

 

そうです。つまり・・・・

 

「電気使用量が少ない住宅」が、より多く売電でき、投資回収も早くなる

 

ふと冷静になって考えてみれば当たり前なのですが、

家庭の全てのエネルギーを「電気」でまかなうオール電化住宅よりも、ガスを使用している住宅の方が、電気使用量が少ないため、投資回収効率は高いという事です。

 

至極当然のことですね。

 

 

ここからはちょっと難しくなりますが、詳しく見てみましょう。

 

太陽光発電は9時~15時の間に95%の発電量を稼ぎます。その間に発電した電気は、家庭で利用した電気分に先に充当されます。

そして、ここで余った電力のみが38円/kWhで売電されます。


つまり、

 

本来ならば21円前後(オール電化住宅の場合は32円〜)を支払えば購入できる電気を使わず、38円で売れる太陽光発電の電気を使ってしまうわけです。

 

 

分かりやすく説明するために、ちょっと極端な例ですが、たとえてみましょう。

 

あなたが「じゃがいも」を栽培している農家だとします。

 

あなたが作ったじゃがいもは人気があり、1個100円でスーパーが買い取ってくれます。

その後、スーパーに行くと・・・なななんと!

 

先程あなたが1個100円で売ったじゃがいもが、1個50円で売ってあるではないですか!

 

「えぇ!?こんなことしちゃスーパーは赤字じゃないの?」

 

そう思いましたが、実は差額分を他の商品に転嫁して(値上げして)いるので大丈夫と知りました。

 

 

この状況に違和感を感じたあなたは、ちょっと考えるとある事に気づきました。

 

「はっ!!自分で作ったじゃがいもは全部売って、使う分だけスーパーから買ってきた方が得する(儲かる)じゃないか!!」

 

そうです。

 

自分が作ったじゃがいも(+100円)を自分で食べる(使う)と(−100円)、プラスマイナス0円です。

自分が作ったじゃがいもは売って(+100円)、スーパーに売ってるじゃがいもを買う(−50円)と、+50円

 

これと同じことが太陽光発電でも言えるのです。

 

つまり、オール電化などの家庭のエネルギーのすべてを電気でまかなう事は、倍の金額で売れるものを売らずに、わざわざ自分で消費してしまうという事であり、とてつもなくモッタイナイ事をしてしまってるわけです。

 

特に、仕事を退職され昼間自宅にいることが多い高齢の方は注意が必要です。

 

昼ごはんはIHクッキングヒーターで料理する事になるわけですが、昼といえば太陽光発電の発電ピークです。

IHクッキングヒーターなどは「ドライヤー5、6個分の消費電力」があり、せっかく発電している電気を大量に浪費します。

 

また、小中高の学生のお子さんがいらっしゃるご家庭はもっとピンチです。

太陽光発電が最も多く発電するのは、8月。そう、夏休みの時期なのです。

 

つまり、子どもは自宅におり、クーラーを使います。エアコンなどの電気暖房機器はかなりの電力を浪費します。

「勉強に集中したいから。」

と言われれば、親としても無碍にはできません。

 

 

せっかく太陽光で発電した電気を大量に使用してしまい、太陽光発電システムの投資回収を低くしてしまう大きな要因となってしまうのです。

上記の図からも分かるように、投資回収の側面から考えると、オール電化と太陽光発電の相性はよくありません。

 

このことは、リンナイ社もホームページ内で言及しています。(詳しくはコチラ。)

 

せっかく高値で売れるはずの電気を使ってしまうわけですから・・・。

 

 

業者はオール電化を販売することで、メーカーなどから契約マージンが入るようになっていますので、「オール電化にして太陽光発電を付けるのがいいですよ!」と勧めてきますが、上記で述べたような事実をしっかりと認識し、業者の言いなりにならないよう注意しましょう!

 

太陽光発電をつけて、本当に得をするのは・・・

LPガスを使用している住宅は、はっきり言って「チャンス」です!

 

 

太陽光発電システムについて、詳しくは亜細亜商店までお問い合わせ下さい!

亜細亜商店へのお問い合わせはコチラ